スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木津川市 「無鉄砲」

先週末に用事があり奈良へ行った。

朝の8時30分に出発したが、連休前で外出を控えているのか途中の岡崎・四日市の大渋滞も珍しく無く順調に進んでいった。

当初、カーナビの到着予定時間では12時20分になっていたが、順調すぎて天理に着いたのが12時前。待ち合わせの時間は12時30分。このまま待ち合わせ場所の天理駅に行っても時間が余ってしまうので、少し周辺を車でブラブラすることに。

なんとか時間を潰し、天理駅へ向かい友人を拾う。お昼をどこで食べようとなり、以前にも行った「無心」に行こうということになり、「無心」へ向かった。

暫く車を走らせ「無心」に着いたのだが、案の定駐車場が満車で入れない。かといって場所的にも車を止めて待つ所も無いので、しかたなく一旦奈良の中心部へ向かう。
とあるコンビニで作戦会議という名のお店選びをするのだが、正直奈良で「コレだっ」というお店が無く迷っていたが、どうせなら総本山へ行ってみては?となり急遽「無鉄砲」へ向かうことに。

奈良市内から「無鉄砲」のある木津川までは、車で15分もすれば着く。市内を抜け小高い丘陵地を走っていくと、お店が表れた。もっと山間にあるのかと思ったが、実際は山間へ入る入口の辺りにお店があった。

駐車場に車を止めてお店に行くと、ラッキーなのか待ち客が2組しか居なかった。とりあえず店の外にある券売機で食券を買い待っていると、なんなく自分達の順番がきた。

テーブル席に案内され食券を渡すと、麺の茹で加減とか聞かれたので好みのタイプでオーダーしてラーメンが来るのを待つ。壁を見てみると、色々な有名人や著名人が来店しているようだ。その中でもすぐに判ったのが、宮根さんだった。以前行った「かすうどん」のお店でも宮根さんのサインを見たな
そのな事を話しながら盛り上がっていたら、ラーメンがきた。

豚骨を水だけで炊き出したスープは、もう見るからに超濃厚である。

先ずは一口飲んでみる。豚骨の旨味がギュッと詰まったクリーミーかつへヴィで力強いスープで、豚骨特有の香りもフワッと漂う。超濃厚とはまさしくこの事かただ想像していたよりは、ドロドロしてはいなかった。(勿論トロミはある)
またこういうスープのラーメンは、時に粉っぽい感じがする物もあるが、このスープは全くそういう事は無い。

麺は細麺のちぢれタイプを使用。勿論スープに絡んでくるし悪くはないが、やはりこれだけの濃厚スープなので、個人的には中太麺くらいの方が良いのかなとも思った。

最初はキツイかと思ったが、食べていくうちにクセになってしまった。なんか感覚としては「天下一品」を食べた時と同じ感覚である。これはちょいと中毒になるラーメンか。

私のようにハマル人も居れば、当然苦手という人もいるだろう。

勿論このラーメンは食い手を選ぶラーメンである事は間違いない











          b0aaf5cc.jpg

           
関連記事
スポンサーサイト

清水町 「麺まるい」 4

先週の木曜日に「まるい」へ行ったのだが、本来ならば友人と行こうかと考えていたのだが、やはりその日も予定が合わず1人で行ってきた。

それでふと思ったのだが、「今日は友人がいつも食べる物を代わりに食べよう!」と勝手に思い、その旨をメールで友人に伝えた。いちゃもんの一つでも言われるかと思っていたのだが、心優しい(冗談)友人は、いつも自分が頼む仕様を細かくメールに書いてくれた。

そうと決まれば「まるい」へ行くのみ!という訳で出発した。この日は「まるい」へ行くと予め判っていたので、準備は出来ていた。そして予定通り16時30分位に出発した。

途中少しの混雑はあったものの、いつものような渋滞も無く順調に進んで行き、開店30分前に到着した。





           勿論、一番乗り



店の前にある椅子に座りひたすら待つ。そして待つこと30分、大将が暖簾を店先に掲げ開店。

席に座ると大将が「いつもので良いですか?」と聞いてきたのだが、今日は友人の代わりで食べるので(私個人の勝手な解釈)、「今日は醤油ラーメン」でお願いしますと言う。
その後奥さんもお店に出てきたので、挨拶をしてラーメンが来るのをひたすら待つ。

でラーメンが出来て運ぼうとした時に、ちょっとしたトラブルが発生!普段頼まない物を注文した為か、大将がチャーシューを間違えてしまった(大将すみません)。ふつうはロースのチャーシューなのだが、バラ肉のチャーシューに変更できるのだ。(友人はいつもバラ肉で頼む)奥さんに渡そうとした時、「あっバラだ!」と言って慌ててバラ肉のチャーシューをカットして乗せた。

奥さんが運んできてくれたのだが、奥さんも普段頼まない物を頼んだので、半ば半信半疑で私の所へ持ってきたので事情を説明すると、ちょっと笑っていた。

新年の限定ラーメン以外、「まるい」で温かいラーメンを食べた事が無かったので、初めて口にする醤油ラーメンにワクワクしながらスープを飲む。

濃厚な豚骨スープに魚介がガツンと効いた、とてもパンチのあるスープである。どちらかが主張する訳でもなく、非常にバランスがとれていると思う。またこの手のスープは、食べていくうちに飽きが来るのだが、「まるい」のは全くもって飽きが来ないのである。本当に素晴らしいスープと思う。

麺はつけ麺とは違い、自家製ではあるが中麺を使用している。つけ麺と同様にこの麺、非常に美味しく食感・のど越し共に最高である。勿論スープにも合っている。

バラ肉のチャーシューも初めてであったが、これまたトロトロで柔らかく溶けるような感じであった。ロースのチャーシューも柔らかくて旨いがバラもなかなか良くて、これから行った時にちょいと選択に迷いそうである。

静岡界隈で、この手のラーメンを幾つか食べたが、つけ麺同様「まるい」が頭一つも二つも抜け出しているように感じた。












           1b6339d7.jpg   
関連記事

またオープンします。

このブログでも必ず登場する山梨にある「円熟屋」。

もう明日になるか、神奈川県の茅ヶ崎に6店舗目のお店をオープンするみたいだ。確か神奈川では2店舗目になる。

円熟屋がオープンしてもう5年位になるかなその間にも着実に山梨県内で店舗を増やしていった。

ここ最近は攻めの姿勢からやや落ち着いた感じがしたが、その勢いはまだ生きていたんだ。

確かにここ最近は、店員の数が増えていたので、経験を積んだ人にどこかの店を任せるというのは自然な流れか。

激戦区関東で2店舗目、最初に出したお店も頑張っているらしい。

最近はなかなか関東方面に行く機会がないのだが、連休もあるし久々に行ってみるか?

その際には、是非立ち寄ってみたいと思う。
関連記事

沼津市 「大勝軒〇秀」 4

昨日、いつもよく一緒に食べに行く友人と「まるい」へ行く予定だったが、友人の都合がつかなくなり、1人でラーメンを食べに行く事になった。

      時間的に「まるい」はちょっと厳しい。

それで前回「大勝軒」へ行った時に、食べたかったメニューがあったので、沼津へ向かった。

お店に到着したのが19時30分を回っていた。前回と違い、今日は駐車場に車が結構止まっていた。勿論お店の中もお客さんで賑わっていたが、幸いカウンターが2席空いていたので、なんなく座れた。

 店員の女性に特製味噌ラーメンの食券を渡し、ラーメンが来るのを暫し待つ。 Twitterで色々とやり取りをしていると、ラーメンが来た。

 見た目かなり良いんじゃないと思いながらスープを飲んでみる。

 濃厚な豚骨スープに、少し甘めな感じの味噌が非常に相俟っている。少しピリ辛な味付けもなされているが、ごく僅かなので気にはならない。また炒めた野菜の旨味もスープに溶け込んでいて、味噌なのに優しい味わいである。

 麺は他のメニューと同様、中太麺である。個人的な感想とすれば、普通のラーメンより味噌ラーメンの方がこの麺は合うように感じたが、皆さんは如何だろうか?

 あまり味噌のイメージが無いお店なので、最初はどうかな?と思ったが、これはかなり旨い味噌ラーメンと思った。 また大勝軒での選択肢が新しくできた









            9bba723a.jpg 
   
関連記事

三島市 「選り道」 2

先週の木曜日に、沼津方面に用事があり出掛けていたのだが、その帰りにちょっと寄ってみた。

 初めて行ったのが1月だったので、3ヶ月振りになるか。別にもう行かないとか敬遠していた訳ではない。他のメニューも気にはなっていたが、やはり場所柄なかなか訪れる事が出来ないでいた。で、今回は上手くタイミングが合った訳ですな。

 時間は19時を余裕で過ぎていた。お店に到着して店内に入ると、お客さんが5人居た。前回も思ったが、ここは一見人が居ないだろうなと思って入ると、以外と人が居るんですな(失礼)

 さてさて、この日は一応ではあるが、食べたい物は決まっていたのだが、その考えを揺るがす誘惑があった。限定メニューなのか、新しく始めたのかは判らないが、中華そばと書かれた紙がテーブルの所にあった。何度も気にはなったが初心貫徹、今回は炙りチャーシューらーめんにする。

 待っている間も、紙に穴が開くぐらい中華そばの紙を凝視する次はコレかな?と考えていたら、ラーメンが来た。

 つけ麺の時と同様、スープの色は真っ黒である。まるで富山ブラックみたいだ。

 先ずはスープを一口飲む。見た目どおり、濃いめのスープだ。鶏ベースと思うが、つけ麺よりスープの旨味は感じる事ができた。 スープはしっかりしていると思うが、やはり醤油ダレのしょっぱさが立っている。

つけ麺の時も思ったが、もう少し抑えてスープの旨味を強調した方が、ここのラーメンには合うような気もするのだが。

 麺は細麺タイプで、スープとの相性は悪くなかった。

 チャーシューは、ほのかに炙った香りがして良いのだが、厚さがない。普通のラーメンには良いとは思うが、やはりチャーシューを強調しているなら、もう少し厚みがあっても良いと思う。

 また山葵が添えられていて、これをスープに溶かして食べるのだが、山葵を溶いた直後は醤油ダレの塩気を抑え爽快感を与えるが、温かいスープに溶くので、直ぐに山葵の風味がとんでしまうのである。

 食べ方にもよると思うが、最初から溶かして食べてしまうと、山葵は楽しめないか。

 志太地区の朝ラーにも山葵が付いているが、あちらは冷たいスープなので最後まで山葵の風味を楽しめるが、こちらは温かいスープなので、それなりに工夫しなければならない。











            2577b65f.jpg
関連記事
プロフィール

すなぱち

Author:すなぱち
人より少しだけラーメンが好きなだけです(笑)出かけた先で最低1杯は食べるように心がげています。

基本限定は食べません(ごく稀に食べるかも?)デフォ命です!

言葉足らずの時があるかもしれませんが悪意はないのであしからず。

只今全国制覇する為にラーメン行脚中です。

フリーエリア
ラーブロ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。