スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜松市 「麺屋 海老蔵」

先日、移転した「天日地鶏」へ向かったが、混んでいたので断念


ではと久しぶりに海老蔵へ向かった。


お店に着いたのが20時を回っていた。店内のお客さんは3人のみ。時間も時間だからか。


つけ麺を食べようと思い券売機を見ると、味噌つけ麺が目に入った。そういえばまだ味噌を食べた事がなかったので、味噌つけ麺にする。


食券を渡し席に座って、ラーメンがくるのを待つ。暫くしてラーメンがきた。


先ずはつけダレの味を。スープは豚骨ベースのようで、少し酸味を感じるが、正直パンチが全くない。味噌も風味は伝わってくるが、強さはあまり感じず。それと今回は白油(鰹の香味油)にしてみたが、「田ぶし」のように、鰹が香るという事はない。


麺は中麺だが、茹で加減はあまり良くなく、柔らかくて食感・のど越し共に良くなかった。


前回来た時もスープが弱いと思ったが、今回はその時よりも弱いように感じた。また麺は相変わらず柔らかいか。


あまりバランスもクオリティーも良くはないかな


申し訳ないが、再訪はない。







d3951b2e.jpg




関連記事
スポンサーサイト

富士河口湖町 「TSUKEMEN MIWA 69'n」

「明山」に続いては、前々からかなり評判も良く、気になっていたお店。


こちらもそんなに目立った建物ではなく、良く見ていないとスルーしてしまうかもしれない。(あっ!今度はスルーしませんでしたよ


車を置きお店に入る。こちらもそんなに店内は広くはない。こちらのお店も食券制であるので、特製つけ麺の食券を買い渡す。


どうやらここは、若い女性の方が1人で切り盛りしているようだ。また店の屋号にもあるように、店内のBGMはロック(実際はメロコア)が流れていた。


耳を音楽に傾けながら待っていると、ラーメンがきた。先ずはつけダレの味を確認する。


つけダレは所謂ベジポタ系。鶏白湯の濃厚さに魚介の風味が効き、野菜の甘味がほんのりとある。また魚粉を溶かすと、より魚介の風味がガツンとくる。


麺は太麺で、このタイプのつけ麺にはピッタリな麺と思うし、食感・のど越し共に良かった。


またチャーシューが炙ってあり、ほぐすとボロ肉のような感じになり、つけダレの中に入れると、スープの麺への絡み度がさらにupする。


非常にバランスが良く、レベル・完成度の高いつけ麺である


最後に店主の方に敬意を込めて、「お姉さん、やるな







富士河口湖町 「TSUKEMEN MIWA 69'n」
関連記事

富士河口湖町 「明山」

こちらのお店の事は、常々聞いていたが時間があったので訪問してきた。


車で行ったのだが、お店はそんなに目立つ感じではなく、一度スルーしてしまった途中で方向転換をして、何とかお店に着いた。


色んなお店等が集まった、集合施設の一角にお店はあった。車を止めてお店に入ると、店内は思ったほど広くはなかった。つけ麺の食券を買い、お店の方に渡し席に座る。


ちょっと様子を見ていたのだが、やはり言われているようにちょっとオペレーションが上手くいっていないか。2人隣りのお客さんは何かトラブっていたみたいだ。そんな事もあり、自分がオーダーしたラーメンはかなり遅れてやってきた。





         「ん」このつけ麺、何処かで見た事あるぞ





まぁそれは後程に、つけダレの味を確認してみる。豚骨と魚介のスープで、少し甘味と酸味があるか。濃厚ガツンというよりは、比較的あっさりな感じのつけダレかと。ただ少しスープが温いような気も・・・


麺は中太麺で、スープとの相性はそんなに悪くはないと思うが、茹で加減がちょっと柔らかめで、あまり良い感じではなかった。


で、後に調べてみると、このお店は甲府にある「がんちゃ」の姉妹店らしい。どおりでラーメンを見た時に、何処かで見た事があると思う訳だ


しかしラーメンの見た目は同じであったが、味は・・・・


個人的にはここへ行くならば、甲府の「がんちゃ」の方へ行くか。







明山
関連記事

岡崎市 「つけ麺舎 一輝」 4

「まるぎん商店」の所で書いた、「MJ」という企画。まるぎんさん以外にも別の3店でもやっているらしく、そのうちの一つの「一輝」さんへ行ってきた。


お店に着いたのが19時前。並ぶのを覚悟していたのだが、珍しく空いていた。勿論、中にはお客さんが沢山居たが、待つというほどではなかった。




               ラッキー





とりあえず食べる物は決まっているので、券売機で迷わず「MJ」の食券を買いお店の方に渡す。「ニンニク入れますか?」と聞かれたので、やはり二郎系という事なので「ニンニク入りで」とお願いする。


空いている席に案内され、座って暫くすると次々とお客さんが訪れ、見る見るうちに行列ができていった。人気店だと改めて感じると同時に、タイミングが良かったとも。それから5分ちょっとか、ラーメンがきた。


まるぎんさんの方と見比べると、こちらの方が二郎という雰囲気はあるか。お店の方に「肉をスープに沈めてお食べ下さい」と。しかし沈める前に、基のスープの味を確認する。


少し甘さがあり、辛め(濃いめ)の醤油味。どうやら一輝さんの方は、お店の人気メニューの一つ、二郎系のラーメンをベースにしているようだ。基の味を確認した所で、お店の方の言う通りに肉をスープに沈めてみる。
すると肉に味付けしてある味噌が徐々にスープと融合し、食べ進むほどに変化していく。味噌と醤油が果たして合うのかと思ったが、いやいやどうして。味噌はしっかり風味・味を主張するが、決して醤油の邪魔をしない。本当に絶妙のバランスである。


麺は中太の平打ち系の麺で、モチっとした食感・つるっとしたのど越しで、非常にこのラーメンに合った美味しい麺だった。


肉は薄切りの豚肉を、今回のコラボで使用している味噌に漬けて炙ってある。ちょっと濃いめな味付けのようだが、味噌の旨味・風味がしっかりと肉に染みわたっている。勿論、柔らかくて美味しかった。


まるぎんさんが味噌を全面に押し出しているのに対して、一輝さんは醤油と味噌の融合。こちらもコラボ麺にしておくには勿体ないくらいの、クオリティーの高いラーメン。

流石は仕事人の店主さん!今回のラーメンも非常に美味しかったです


どうやら「SO二郎」も復活したみたいなので、今度は「SO二郎」を食べに行こうか








岡崎 「つけ麺舎一輝」 MJ

関連記事

焼津市 「麺屋 才蔵」

ここも静岡では名の知れたお店で、神奈川の有名店「中村屋」で修業されてた方のお店。


最近はちょっとご無沙汰であったが、久しぶりに食べたくなり訪問してきた。


夜に訪問したが流石は人気・実力のあるお店、お客さんで賑っている。今日は醤油を食べてみようと、券売機で「鶏油の醤油味玉ラーメン」の食券を買い、空いている席に座り食券を渡す。


本当にいつ以来だろうかと思いながら店内を見渡す。店内はモダンな造りになっていてラーメン屋というよりは、ちょいと洒落たカフェのような感じで、女性の方も気楽に入れるようなお店と思う。


暫くしてラーメンがきた。「お久しぶりです」と心の中で呟きつつ、スープを飲む。


スープは鶏ベースでそこに魚介を合わせているか。所謂あっさりの淡麗系であるが、しっかりと旨味が出ていて非常に力強いスープと感じた。また醤油ダレもそんなに尖ってなく、巧くスープと調和していると思う。


麺は細麺のストレートタイプで、しっかりとした食感・のど越し・スープとの相性も非常に良いと思う。


ここのスープと正面から会話するならば、やはり「塩ラーメン」。それも具のない「かけラーメン」の方が、何の邪魔もなく堪能できるかと。


流行りのラーメンと比べたらシンプルなラーメンだが、シンプルだからこそごまかしが効かない。店主の丁寧な仕事が、ダイレクトに伝わってくるラーメン。


また食べに行こう







才蔵 醤油


関連記事
プロフィール

すなぱち

Author:すなぱち
人より少しだけラーメンが好きなだけです(笑)出かけた先で最低1杯は食べるように心がげています。

基本限定は食べません(ごく稀に食べるかも?)デフォ命です!

言葉足らずの時があるかもしれませんが悪意はないのであしからず。

只今全国制覇する為にラーメン行脚中です。

フリーエリア
ラーブロ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。