島田市 「めん奏心」 35

本来なら明日、久しぶりに朝ラーでもしようと決めていた。しかしちょっと午前中に急な予定が入り、どうも行けそうにもない・・・


なので、温と冷が食べられる奏心さんへ



ただし煮干しそばがあればの話しだが・・・


浜松での予定を済ませてお店へ向かう。バイパスをひた走り、お店に着いたのが19時30分過ぎ。
今ちょっとした現象があると聞いていたので、多分まだあるだろうな と思ってはいたが、過信は厳禁!


恐る恐る券売機を見ると・・・まだ煮干しありました なので迷わず煮干しそばの温と冷の食券を買い座席へ。


週末の夜ということで、店内は満席に近い状態。店主さんも息つく暇も無さそうだった。


暫く待っていると、温かい煮干しそば(ハイブリッド)からやって来た。


うんうん! いつ食べてもこのニボニボ感がたまりませんな


温かいのを食べ終わってから少しして、今度は冷たい煮干しが。ここのところは、冷煮干つけ麺をよく食べていたが、冷たいラーメンは本当に久しぶり。
温かいのとはまた趣が変わるが、こちらもニボニボ感がたまらない!


いつ食べても旨いですわ


とりあえず朝ラーの疑似体験が出来た ので満足満足 心もお腹も満足してお店を後にした。



帰りの車の中で聴いた、OFFSPRINGの新譜もご機嫌だった 格好良いねぇ~









be627c6e.jpg




















2杯目はかけスタイルで頂きました。








6402c6da.jpg


















めん奏心

住所 島田市金谷栄町3538

時間 11:00~14:00
   17:30~20:00(金・土・日)

定休日 第2・4火曜 水曜

P あり
関連記事
スポンサーサイト

沼津市 「麺屋 ほっ田」

この日も東部方面のお店へ行こうと思っていた。何処に行こうかと色々考えていたが、「ひこ星」とほぼ同時期にオープンした、このお店へ行ってみようと思い訪問してきた。


出掛ける前にちょっと私用があり、出発が19時30分過ぎ。一瞬、あのお店にまだ間に合うかな とも考えたが、ちょっと厳しいかなと思い初志貫徹! ほっ田へと向かう。


お店に着いたのが20時過ぎ、お客さんは一人のみ。とりあえず空いている席に座る。


手書きのメニューがカウンターの前と上に貼ってある。どれにしようかと考えたが、つけ麺とまぜそばが6月30日まで650円となっていたので、まぜそばを注文した。


店内はとても狭く、カウンター数席と座敷席が一組あるのみ。店主さんはプロレスが好きなのか、プロレス関連の物が沢山置いてあった。


店内にテレビが流れていたので、それを見ているとラーメンがきた。


店主さんの言った通りによく混ぜ合わせてから一口。
醤油ベースの和えダレでスタンダードなタイプだが、ちょっと醤油が濃いめの感じ。
油は恐らく普通の物を使っているのだろう。特に加工されたような風味とかは感じなかった。


麺は太麺を使用。よくジャンク系のまぜそばで使われるような麺。ワシワシと食べごたえのある麺と思うが、この正統派系のまぜ・油そばにはちょっと合わないかと思う。


チャーシューは、細かく刻まれた物が入っていたが、柔らかくて良いと思うし、メンマも柔らかめで良いと思う。
それと万能ネギと白ネギが入っていた。トッピングには良いと思うが、個人的にはどちらか一つにした方が良いかと。


途中でお酢を一回し入れてみた。最初よりも醤油のカドが取れて、さっぱりと頂けた。鰹節も良い感じで風味・味わいを出して馴染んでいた。


別途でスープが付いてきた。このスープに対して、何の説明もなかったので、多分であるが口直しというか、箸休め的なものでしょう。
きっとこのスープが、ラーメンのベースになると思われる。あっさりとした感じだが、ちょっとパンチがなく弱いかな。


個人的には、少しバランスが悪いかな と感じた。添えつけのスープが良ければ、また訪問しようかなと思ったが、申し訳ない、再訪は残念ながら無いでしょう














05e8806c.jpg














麺屋 ほっ田

住所 沼津市原1530ー2

時間 11:30~14:00
   17:30~22:30

定休日 不定休

P あり
関連記事

伊豆の国市 「一匹の鯨」

「ろたす」さんのグリーンカレーつけ麺は頂いた。となれば、次は「一匹の鯨」さんのグリーンカレーつけ麺を


本来なら続けて連食といきたいが、公平に投票をする為に、次の日に訪問してきた。


ではでは、一匹の鯨のグリーンカレーつけ麺を、ノゾキミ、ノゾキミ


こちらのお店の夜の部は18時から。それに合わせて出発したが、途中、渋滞に見事にハマリ、18時15分にお店に着いた。
もう混んでいるのだろうな と思いながら扉を開けると、座敷には高校生が、カウンター席には2人しか居なかった。待たずに入れたので良かった!


さて、もう頼む物は決まっているので、グリーンカレーつけ麺を注文する。
自分が入店した後、続々とお客さんがやってきた。


前日、ろたすさんでは、来店した殆どの方がグリーンカレーつけ麺を注文していたので、こちらもそうかな と思っていたら、皆さんレギュラーメニューを注文していた・・・
ちょっと肩透かしを食らった感じ。それはともかく、暫く待っているとラーメンがきた。


先ずはつけダレを。ろたすさんのよりも、ココナッツミルクの香りが強めに香ってきた。こちらも一口ゴクリと。お約束通り、今回も辛さで噎せました 


表面に油が浮いているが、しつこくなく丁度良い加減。やはり最初にココナッツミルクの甘さが来る。
ただ、ろたすさんと違い、こちらは間隔を空けずに香辛料の辛さもやってきた。流石はカレーのお店も展開しているだけあって、本格的なものだ


辛さもあるが、ココナッツミルクが強めに効いているので、まろやかな感じが強いかなと。


麺は中細麺の少し縮れたタイプ。少し柔らかめな茹で加減ではあるが、巧くスープに絡んでくれる。これも良いですな。


トッピングは、麺の方には茗荷・大葉・味玉が、つけダレには茄子・豚バラチャーシュー・パプリカ(唐辛子かな)。
やはり茗荷と大葉は、その独特の風味が少し消されてしまっているような。
それと豚バラチャーシューも良かったが、グリーンカレーには鶏肉の方が合うのかな と感じた。


一匹の鯨さんは、まろやかさに座標軸を置いているのかなと思った。また、ろたすさんが広い層を対象にしているならば、一匹の鯨さんはある意味マニアの方を対象にした感じなのかな。
ただグリーンカレーという観点からすると、一匹の鯨さんの方が、リアルなグリーンカレーという印象。


カレー対決という事で、一匹の鯨さんのホームゲーム的な感じで有利か と思うところもあるが、ろたすさんもラーメン店側から見た解釈で、素晴らしいグリーンカレーを作り上げた。


本当にどちらも甲乙付けがたい。お互いにそれぞれの良さがある。
この例えが正しいかは判らないが、車で言うなら、フェラーリにするかランボルギーニにするか、それぞれエンジンも違えばボディーも違う。けどそれぞれの良さはお互いにある。


難しい選択ですな


審判が下るまであと数日、果たしてどちらに軍配が上がるのか・・・













b6a91039.jpg














一匹の鯨

住所 伊豆の国市南条184ー2

時間 11:30~14:00(土日祝15:00)
   18:00~21:30(土日祝17:00~)

定休日 水曜

P あり
関連記事

清水町 「ラーメン ろたす」 5

絶対に負けられない戦いがそこにはある! 


某テレビ局のサッカー中継で使われるフレーズ。
そんな戦いが静岡の東部地区で行われている


最初に聞いた時は、てっきりコラボするのかと思ったら、対決ときた。それも負けた方が髪を坊主にする、カベジェラ・コントラ・カベジェラだとか(敗者髪切りマッチ)。何かルチャリブレを見ているような


さぁ~そんなお互いの髪の毛を賭けた?男の戦い。先ずは「ろたす」さんのグリーンカレーつけ麺を、ノゾキミ、ノゾキミ


この日の夜はちょっと打ち合わせがあり、某コーヒーショップに。打ち合わせも終わり、そのまま夕飯を食べようという事になり、せっかくだから行ってみようかとお店へ。


お店に着いたのが18時過ぎ、ちょうど一巡目のお客さんが捌けたのか、待たずにお店に入れた。空いている席に座り、グリーンカレーつけ麺をオーダー。後はラーメンが来るのを待つだけ。


周りを見てみると、殆どのお客さんが同じ物を注文していた! 皆さん気になるんですな


暫く待っているとラーメンがきた。


先ずはつけダレを。ココナッツミルクの甘い香りがフワッとくる。一口ゴクリ。辛さで思わず噎せました 
表面に油の膜が張った感じのスープは、ココナッツミルクの甘みの後に、香辛料の辛さが口に広がる。流石はグリーンカレー、ちょっと強烈な感じ。でも嫌な辛さではなく、スカッとした感じのキレのある辛さ。勿論、ココナッツミルクのまろやかさも感じる。


麺は太麺の平打ち系で、少し縮れが入っているか。モチモチとした食感も良いし、のど越し感も凄く良い感じ。それにサラサラしたスープを良く持ち上げてくれる。相性が良いですね!


トッピングは、ソテーした鶏肉に、茗荷と大葉(この組み合わせは某店の○者のよう)。


鶏肉は塩・コショウで味付けされて、柔らかくジューシー。これをあてにビールを飲んだら、旨いだろうなぁ~
茗荷と大葉は、アクセントになって良いと思うが、個人的な感想は、香辛料の辛さとココナッツミルクの甘さが、この二つの風味を少し消していまっているのでは とも思ったが、悪くはないと思う。


途中で、つけダレにレモンを搾ってみた。酸味が加わり、更に食欲が増すような感じだし、甘辛&マイルドさの中に、爽快感を与えてくれる。これも良いですな!


つけダレから香るココナッツミルクの香りから、ちょっと強めなのかなと思ったが、以外やココナッツミルクは少し抑えめで、辛さの方に座標軸があるように思えた。


正直に言うと、自分はココナッツミルクが少々苦手なのだが、そんなにクセもなく食べやすかった。
これはマニアを対象というよりも、広い層を対象にした仕上げなのかな


うん!なるほど、これが「ろたす」さんのグリーンカレーつけ麺か


次は「一匹の鯨」さんですな








4a4f4e2a.jpg


















あっ 勿論、投票しました










a61f34da.jpg















ラーメン ろたす

住所 清水町徳倉1881ー1

時間 11:30~14:30
   17:30~21:30

定休日 第4火曜 木曜

P あり
関連記事

島田市 「めん奏心」 34

めん奏心さんで、テスト販売という形で新しいメニューが始まった。


このメニュー、とあるブロガーさんの発言から、店主さんが「ならばちょっと作ってみようか」となり、色々試行錯誤されて完成した一品。一応、今年はブログ限定という形をとるらしい。


もう既に何人かの方は実食済みらしいが、自分は大阪へ行っていたので、まだ食べていない。


さぁ~一体どういう物なのか? あるブロガーさんが切っ掛けで生まれたこの「完熟トマトの冷やしそば」を、ノゾキミ、ノゾキミ


この日は予め店主さんにお願いしていたので、夜に伺うことにしていた(予約もらしい)。なので、安心して? お店に向かう。
のんびりとお店に向かい、到着したのが18時過ぎ。お店に入ると団体のお客さんが居るだけで、他には誰も居なかった。


お店に入りトマトの食券を買うと、女性の店員さんが「冷トマですね」とニッコリ! 食券を渡して「お願いします」と言って席に着く。


どうやら団体の方達が何杯もお代わりをしていたらしく、店主さんは息つく暇がないようだ! そこへ追い討ちを掛けるように、自分の頼んだメニューが加わる訳だから尚更だ(このメニューはちょいと手間が掛かるらしい)。


それから暫く待っているとラーメンがきた。


先ずはスープを。少しトロミがあるスープは、前日に仕込んだ温かいトマトのスープを、丸1日かけて冷やしたスープらしい。そこに店主さん曰く、なんちゃってジェノベーゼソースを合わせている。青じそかな またオリーブオイルが表面に膜を張った感じで、少しオイリーさもある。それとパセリも散らしているようで、少し香草類を効かせているのかな。


麺は細麺を使用。これはその他の冷たいラーメンと同様に、しっかり水で締められていて弾力があり、冷麺を思わせるような食間。


イタリアンな感じと聞いていたが、確かに最初の食べ出しはパスタチックな感じがしたが、食べ進むうちにラーメンらしさが顔を出すような雰囲気に思った。


ちょっと温かいのと比べてみる。あのスープに溶け込んだトマトの甘さが何とも言えない感じだが、この冷たいのでは少しそれが弱いのかな? 勿論、カットトマトの甘さは凄くある。


でもこのラーメンはスープに溶けたトマトの甘さがポイントだと、個人的に思っているので、そのらしさがもう少し欲しいのと、鰹出汁の感じがもう少しあると良いのかな?


チャーシューは、冷たい煮干しの時も感じたが、冷たいラーメンには脂身の少ない部位の方が、合っているかもしれない。


だからといって悪い訳ではなく、あくまで個人的好みの問題。勿論、美味しい一品と思う。














8778980c.jpg





















それと最近食べていなかったので、久しぶりに丸鶏中華そば(ハイブリット)を頂いた


どこかほっこりとする感じ、たまりませんな














9c6a15e6.jpg




















めん奏心

住所 島田市金谷栄町3538

時間 11:00~14:00
   17:30~20:00

定休日 第2・4火曜 水曜

P あり
関連記事
プロフィール

すなぱち

Author:すなぱち
人より少しだけラーメンが好きなだけです(笑)出かけた先で最低1杯は食べるように心がげています。

基本限定は食べません(ごく稀に食べるかも?)デフォ命です!

言葉足らずの時があるかもしれませんが悪意はないのであしからず。

只今全国制覇する為にラーメン行脚中です。

フリーエリア
ラーブロ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR