スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水町 「麺屋中川 本店」 10

実は、中川さんのメルマガに登録していて、今月の最初の方にメールが届いた。
そこには「大勝軒〇秀」と「麺屋中川」の兄弟コラボ企画とかかれていた。


本当ならすぐにでも行こうと考えていたのだが、大阪へ行く準備とかで訪問出来なかった
なので後れ馳せながら先日訪問してきた。


この日も暑さに殺られ、午前中はクーラーとお友だち状態 なので少し暑さも和らいだ夕方に出掛けた。


順調に走り沼津の街中に差し掛かると、お祭りなのだろうか、屋台が出ていたり浴衣姿の人が居たり 後で確認したら花火大会があったようです。


その中を抜けて18時前にお店に到着。店内にお客さんは居なかったが、果たしてお目当てのつけ麺はあるだろうか?何せ20食限定、ましてや夜だし・・・


恐る恐る聞いてみると・・・「ありますよ」と一言。とりあえずひと安心 なのでそれを注文する。


店内を見渡すと、「冷たい鶏ラーメン」や「懐かしの中華そば」等、ちょっとそそられるメニューも!
しばらく待っているとラーメンがきた。


かなり厳ついビジュアル
先ずはつけダレを。冷やしという事で、ジンジンまではいかないが、良く冷えてます。厳つい見た目とは違い、つけダレはあっさりなスープ。少し甘辛い仕上げになっている。ちょっと天つゆっぽい感じもしたかな。


麺は太麺の平打ちタイプ。パスタっぽいというよりも、うどんのような感じで結構歯応えがある麺。少しスープとの相性は良くないかもしれない。


トッピングは豚バラ肉と味玉。そして別途に薬味として、大根おろし・生姜おろしが付いてきた。
豚肉は、多分チャーシューの煮汁で味をつけているかと思う。塩っぱくはないが、醤油の香ばしさが染みていて美味しい。味玉も美味しいと思う。


途中で薬味を入れて食べてみた。入れる前のつけダレを味わった時にも感じたが、この二つのおろしを入れた事で、更に天つゆのような雰囲気を感じた。
でも入れる前よりも、さっぱりとして食べやすくもなっただろうか。


豚つけ麺も良いが、こちらも非常にガッツリと食べ後耐えのあるつけ麺と思う。久々に顎が疲れた食べ物だった 


こちらのメニューは、沼津の「大勝軒〇秀」と「麺屋中川 本店」のみで提供されていて、各店20食限定。
またいつまで提供しているかは判らないが、気になる方はお早めにどうぞ。













f068bf84.jpg
















麺屋中川 本店

住所
清水町長沢136ー1

時間
11:30~23:00

定休日
月曜(祝日の場合は翌日)

P
あり
関連記事
スポンサーサイト

コラボ企画が始まります!

何だ、宣伝かよと思われるかもしれませんが・・・


宣伝です


今週の水曜日8月1日(めん奏心さんは8月2日より)から、4店舗合同の企画が始まります!


一つ共通のお題を出して、各店がそのお題に合わせたラーメンを提供するといった企画です。今回のお題は「辛い」です
この「辛い」をテーマに、それぞれ考えたラーメンを1ヶ月間限定で提供するとの事。尚、こちらの企画は対決要素はありません(坊主を期待されてる人、残念でした)。


果たしてどんなラーメンが提供されるか、今から楽しみにしましょう そして辛いものを食べて、暑さを吹き飛ばしましょう






参加店


静岡市 拉麺 豚風亭

藤枝市 ちっきん

焼津市 麺’s食堂 粋蓮

島田市 めん奏心(8月2日より)



尚、価格の一部(50円)を、東日本大震災の義援金として被災地にお渡しするそうです。


自分も、少しでもお役にたてればと思っています。










f9f916e1.jpg
関連記事

鈴鹿市 「menkou ともや」

いつも大阪から帰る途中、夕飯を桑名の「はなび」で食べて帰るのだが、たまには違うお店と思い調べてみると、気になる写真を見つけた


で、そのお店を確認すると、「ともや」という名前で場所は鈴鹿となっていた。なので、帰る時に地図のデータも新しく書き換えたカーナビに住所をセット 後は案内されるままにお店に向かう。


途中ちょっとした渋滞にハマリながらも、無事に18時過ぎに到着。駐車場には自分の車以外はなし。
店内に入ると、自分以外はお客さんは居ない・・・人気店と聞いていたし、場所も23号沿いなので少しはお客さんが居ると思っていたが、平日だからなのだろうか?


まぁ気にせず空いている席に座る。メニューを見ると、限定を含め色々あるみたいだが、今回は「君と逢えてよかった」という油そばを注文する。
どうやらこちらは新メニューのようだが、それにしてもネーミングが凄いというか・・・ ちょっとオーダーする時、恥ずかしいかな


それから暫くしてからラーメンがきた。


良く混ぜ合わせてから一口。和えダレは醤油ベースの濃いめで少し甘辛い感じに仕上げている感じ。油もそれなりに入っていてコッテリとしている。ニンニクも入っているので、ちょっとジャンキーな趣もあるだろうか。
魚粉も入っているが、この濃厚なタレに少し負けてしまっているような。


麺は中麺を使用。茹で加減も良く、弾力もあり食感は非常に良かったし、和えダレにも巧く絡んでいるし負けていない。


トッピングは、一口サイズのチャーシュー・海苔・ネギ・卵黄。
チャーシューは適度に固さもあり、噛んでいくと旨味が出て良いと思う。
卵黄が二つ入っているので、だいぶマイルドになるのかなと思ったが、そんなに劇的に変わるといった感じはなかったが、元の味と比べると少しは円くなっているか。


正統派というよりは、ジャンキーな方向に座標軸があるように思った。しかしタレの濃さを考えると、途中で飽きが来るのも事実。味に変化をつける為に、お酢とかがあれば良かったが、そういった物は用意されていないようだし、テーブルにも見当たらなかった。
それともやし等の野菜があれば、もう少し味の濃淡を変える事が出来ると思うが・・・


個人的な好みの問題とかはあるが、味は悪くないし美味しいと思う。


今度はつけ麺を食べてみようかな













0f51f0dd.jpg
















menkou ともや

住所
鈴鹿市寺家町1536ー1

時間
11:00~23:00

定休日
なし

P
あり
関連記事

大阪市 「麺鮮醤油房 周月」

先日、ビールのあてに旨い鮪でも買おうと黒門市場をブラブラしている時に、偶然このお店を見つけた 黒門の外れにこんなお店があったのかと思った。なので日を改めて訪問してきた。


この日は、朝から帰る準備を整えていたり等していた。何だかんだやっていると時間は14時30分 ちょっともたもたしてしまった なので慌てて出かける準備をしてお店へ。
とは言っても場所は黒門市場。谷九から歩いて行っても掛かって10分、なので時間には余裕がある訳だが・・・
で、何とか14時40分位にお店に到着 お店に入ると昼の部の閉店間近なのでお客さんは2人。
入口にある券売機で食券を買うのだが、どうやらこのお店は「油そば」がお薦めのようなので、油そば生卵付きにしてみた。


食券を渡して空いている席に座る。店内はカウンター席のみ。店の入口の所には製麺室があった。どうやらここは自家製麺のようだ。それから暫く待っているとラーメンがきた。


良く混ぜ合わせてから一口。和えダレは、醤油ベースなシンプルなもの。醤油はそんなに尖っていなく円やかな感じで、油は少な目のようだ。上に振り掛けられた魚粉(煮干しかな)の苦味が少しだけ強いような。
途中で別途付いてきた生卵を投入。それまで感じた醤油の独特の風味や魚粉の苦みが抑えられ、マイルドになって食べやすさは増えた。しかしそんなにパンチがあるタイプではないので、入れる前よりも物足りなさ感が増したような。


麺は中麺の縮れたタイプを使用。自家製麺だが、ちょっと茹で加減が柔らかめなのでモチットした食感は得られなかった。でも決して悪い麺ではないと思うし、この和えダレには合っていると思う。


トッピングは、豚肉のソテー・メンマ・もやし・ネギ。
豚肉はロース肉の脂の所を落とした物だろうか、少し固めだが味付けも良く、肉の旨味が噛んでいると口に広がる美味しいソテーと思う。メンマは固くもなく柔らかくもなく丁度良い感じで、油・まぜそば系には良いかも。もやしはシャキシャキ感が残っていて良かったと思う。


最後の方に、お酢と一味を入れて食べてみたが、やはりベースが弱いだけに何かアクセントになるという感じではなかったか。


勿論、これはこれで美味しいと思うが、個人的にはもう少し何かが欲しいといった印象か。もっとベースに味のアクセントを付けても良いように思うが、これは好みの問題かと。


帰って調べてみると、このお店は愛媛がホームのようで、大阪より西の方面にお店を幾つか出しているらしい。またここは水曜日に、別暖簾「濃厚鶏骨魚介 翔月」としても営業しているようだ。


今度はつけ麺と別暖簾のメニューを食べに行ってみるか









4852a24d.jpg









麺鮮醤油房 周月

住所
大阪市中央区日本橋2-10-4

時間
11:00~15:00
18:00~22:00

定休日
月曜 水曜
(水曜は別暖簾 濃厚鶏骨魚介 翔月として営業)

P
なし
関連記事

大阪市 「麺屋 花壱」

大阪出張も無事に終わり、後は帰るまで僅かな休暇を楽しむ。この日は、午前中は暑さに負けて部屋で冷房と仲良くしていた その時に色々と調べていたら、このお店の存在に気付いた。
なので、暑さも少し和らいだ夕方にこのお店に行ってみようと思い出かけてみた。


谷九から歩いて日本橋まで行き、そこから近鉄に乗り最寄の西九条まで。お店の場所は予め調べておいたので、地図の通り環状線の高架沿いを歩いていくと、お店が現れた。お店は案外こじんまりとした感じ。
店内に入るとお客さんは2人。とりあえず入口の所にある券売機で食券を買う。事前の調べでは「魚だしつけ麺」がお薦めのような事を言っていたので、魚だしつけ麺の味玉トッピングにした。


店内はカウンター席のみでちょっと狭い感じ。調理場が高いのか、カウンターの敷居が高めな感じで、ちょっと目の前は圧迫感がある。それから暫くしているとラーメンがきた。


おっ つけダレの器に蓋がされている。このような提供のしかたは、「三く」以来かな。
蓋を開けて先ずはつけダレを。スープは煮干しに野菜のポタージュらしい。煮干しスープは、そんなに煮干しらしさは感じることは無いか。旨味はあるが少し弱い感じで、つけダレの上に掛っている魚粉(鰹かと)の風味の方が強いか。また野菜のポタージュと言っているが、よくあるべジポタのようなトロミはない。カエシは強めな感じで、表面には油の膜があり少しオイリーな感じ。


麺は中麺を使用。こちらにも魚粉が振り掛けられている。水での締め方がちょっと弱いか、もっちりとした食感は感じられないが、のど越しは悪くないと思った。


トッピングは、チャーシュー・メンマ・味玉。
チャーシューは豚バラ肉で、少し厚みがあるが柔らかくて美味しいし、熱々であった。メンマは普通な感じで特に特徴とかはないような。
味玉は白身の部分はそんなに味は無いように思えたが、黄身の部分はちょっと塩気が強い感じであった。



煮干しがベースと聞いていたので二ボ二ボ感を少し期待したが、想像していたのとはイメージが違っていて魚粉の鰹が少し強いように思えた。野菜のスープも薄っすらと感じるような雰囲気で、ハッキリと主張しているようには思えなかった。
ただ表面の油の膜のおかげか、最後までとは言わないがかなりの時間熱々の状態で頂くことが出来た。


本当に名前の通り、魚だしのつけ麺だが煮干しを期待すると、少し肩透かしを喰うかもしれないが、味は悪くないし美味しいと思う。








2b8559ab.jpg









麺屋 花壱

住所
大阪市此花区西九条3-10-25

時間
11:30~14:30
18:00~23:30(スープなくなり次第終了)

定休日
日曜 (祝日は不定休)

P
なし

関連記事
プロフィール

すなぱち

Author:すなぱち
人より少しだけラーメンが好きなだけです(笑)出かけた先で最低1杯は食べるように心がげています。

基本限定は食べません(ごく稀に食べるかも?)デフォ命です!

言葉足らずの時があるかもしれませんが悪意はないのであしからず。

只今全国制覇する為にラーメン行脚中です。

フリーエリア
ラーブロ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。